アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

夏の妊婦の格好(私の愛用部屋着)

今日も暑いですねー。

 

妊婦は暑がりとよく耳にしますが、妊婦じゃなくても暑いと思うので、

妊婦だから余計暑いのかよく分かりません^^;

 

でも、暑いものは暑い!

本当なら裸でいたい。

妊婦は冷やしちゃだめっていうけど、冷たいもの飲みたいし食べたい。

 

ただ、7ヶ月に入って、お腹もだいぶ大きくなってきたのもあって、

寝てても気づくと、シャツが上にまくれあがってて、

お腹丸出し状態のことが多くなりました。

(ちなみに24wの私の今の腹囲は85cmです。これって一般的にどうなんでしょ??)

さすがに、お腹丸出しで寝るのはまずいよなぁー。

 

そこで、私が今愛用しているアイテムを紹介したいと思います。

 

それは、

腹巻き付き毛糸のパンツ!

(おへその上まで伸びる毛糸のパンツです。)

ふわふわ腹巻パンツ(毛糸のパンツ)《パープル》1枚 マイクロファイバーあたたか柔らか素材 冷え性やむくみに。

 

(画像は私が買ったものではありませんが、

これと同様の形で、マタニティ用ではなく普通のものです。)

 

えっ、なんだか、フツウ・・・・

 

でもでも、冬だけじゃなくて夏も大活躍するなんて思ってもいなくて、

軽く感動を覚えています。

 

私は、妊娠初期の頃つわりもそこまでひどくなく、

吐くことも一度もなかったし、食べられないということもほとんどありませんでした。

(つわりについてはまたいつか書こうかな。)

でも、お腹が出てくる前から、体を締め付けるものがほんとダメになって、

ブラも早々にプラトップやカップ付きブラにしたし、

ショーツもマタニティ用のにすぐ変えました。

しかもそのショーツもきついわけじゃないのに(むしろ初期はブカブカ)、

ゴムがお腹に当たるのが気持ち悪くて、ゴムを切って使っています。

 

一番初めに買ったマタニティ服は、レギンスだったのですが、

それは、お腹の大きさに合わせて、ゴムの長さを調節できるといったもの。

でも、これも、緩くしたとしても、ゴムがお腹に当たって、大失敗。

 

そんなこともあって、それ以降買うマタニティ服は、

ウエスト部分がリブ編みになっていたり、布全体が伸縮性のあるものにしています。

ちなみに、今のところマタニティ用はボトムしか買ってないのですが、

これで出産まで乗り切れるかなぁ。

 

えーっと、話を毛糸のパンツに戻しましょう。(すぐ脱線する)

 

ゴムが苦手な私は、寝る時の格好をどうしようかなぁと悩んでいました。

お腹はちゃんと覆えるものが良くて、かつゴムが当たらないもの。

ネットで調べてみると、サイズ大きめのステテコとか、

はたまた、旦那のトランクスを借りてるという人も!

でも、いずれにしても、ゴムには変わりない。

(ここで私がゴムと言っているものは、

いわゆるゴム通しにゴムが入っているもののことです。)

しかもいくら夫婦とはいえ、夫の下着を拝借するのはちょっとね・・・。

 

そこで、登場したのが毛糸のパンツです。

 

おへその上まで覆ってくれるし、全てが伸縮性のある布でできているから、

お腹周りもほどよくフィットして、寝ててもお腹が出ない!

そして、足の付け根ぐらいまでの長さだから、そこまで暑くもない!

パンツ一丁でいるのは恥ずかしいけど、毛糸のパンツ一丁なら恥ずかしくない!

(↑私だけ??)

あっ、もちろん家の中だけですよ、こんな格好するのは。

 

ということで、私はもう毛糸のパンツを手放せません。

 

冬でももちろん大活躍だけど、

さすがに冬は毛糸のパンツ一丁というわけにはいかないので、

ある意味夏の妊婦だからこそ使えるアイテムだと思います。

私と同じく夏の妊婦さんでゴムが苦手な人はぜひお試しください( ゚∀゚ )