アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

マタニティウェディングをやってみて。

昨日の記事にもちらっと書いた通り、

私は妊娠4ヶ月入ったばかりのころに結婚式をしました。

 

マタニティウェディングって今流行ってるんですかね〜。

結婚式について調べてたら、

マタニティウェディングについての情報がずら〜っと出てくる出てくる。

結婚式場でも、妊婦さんでも大丈夫!なんていうところをよく見ましたね〜

色々意見はあるかと思いますが、選択肢が増えたことはいいと思います。

 

さて、私たち夫婦は、去年の年末に婚姻届を出し晴れて夫婦になったわけですが、

式については、おいおい・・・という感じでした。

私自身、昔から結婚式に対して憧れというものが全くなく、

やらなくてもいいんじゃない?

めんどくさいし、たった数時間のために何百万円もかけるなんてあほらしい!

と思ってました。

でもでも、結婚ってほんと本人同士だけの結びつきじゃ済まないんだなと

この時初めて痛感したのですが、

やっぱり式はしっかりやった方が良い!と(特に夫側の)家族から言われ、

んじゃ〜、やるか〜と重い腰を上げることになったのです。

ただ時期については、冬は寒いし、春は私が花粉症だから嫌だ!と駄々をこねて、

5月に開催することに。

準備期間は約4ヶ月。

(結婚当初は、年末やお正月があったのもあって、

 挨拶回りで忙しくあっという間に過ぎ去っちゃいました。)

 

式場はどこにするか、どんな式にするか、色々右往左往しましたが、

とても良いプランナーさんに出会い、いわゆるパックウェディングではなく、

全て、ゼロから私たちが決めて行く式をすることに。

式場も結婚式場ではなく、夫にとって思い入れのある場所

(結婚式をするのは私たちが初めて)でやることにしたので、

ウェディングドレスも自分たちで手配しました。

初めはレンタルするつもりだったのですが、

・レンタルも買うのも値段的にはそんなに変わらない

・外を歩くことになるので、裾がとても汚れる可能性がある

・私に合うサイズがレンタルではなかった

というような理由で購入することにしました。

 

私が買ったショップは、サイズを全て採寸してから自分用に作ってもらえるので、

3ヶ月前に注文しなければいけなくて、私の場合あまり時間がなかったので、

2月に東京のサロンで試着して、採寸してもらって、すぐ注文しました。

そして、ウェディングインナーも2月中に購入。

ここで、あっ、と思った人は相当私のブログを読み込んでますね!

そう、ドレスもインナーも妊娠に気づく前に買ってしまったのです。

いざ、妊娠が分かって、悩んだのが、まず式なんてできるの!?でした。

式をするのは、4ヶ月入ったばかり。

つわりがひどかったらどうしよう。

たった数時間とは言え、人前でずっとニコニコできるのだろうか。

そもそもお酒も飲めないし!

と心配の種はつきませんでしたが、もう準備も始めてしまったし、

4ヶ月に入っていれば、それなりに体調も安定している可能性もあるし、

緊張している間は、つわりも落ち着くという噂を聞いたので、

予定通り実行することにしました。

ドレスも着られるかすごく心配しましたが、

これまた4ヶ月だったら、そんなお腹も出ていないだろうからイケルと判断。

 

ちなみに、私が購入したドレスショップはこちらです。

ウェディングドレスのオーダー販売専門店|YNS WEDDING

 

ここのドレス、試着はできるし、自分サイズで作ってもらえるし、

何よりデザインはかわいいものが豊富にあるし、値段もお手頃だし・・・

と、良いことづくしだったのですが、縫製は中国というのと、

届くまでどんな感じなのかが分からない、日にち指定もできないということで、

届くまでは多少の不安はありましたが、

ドレスの出来映えは、大満足でした!

式に来てくれた人にも、ドレスがすごく可愛いと言ってくれる人もいて、

ここで買って良かったと思っています。

 

インナーはこちら。

レースアップビスチェ | ブライダルインナーのブライダルブルーム

 

結果を先に言うと、つわりは元々ひどくはなかったというのにプラスして、

気持ち悪さを感じるほど心に余裕がなかったというのが大きかったです。

新郎新婦は主役ではあるけれど、駒人形かのように、動かされているだけで、

周りだけがバタバタ忙しそうにしていて、あっという間に終わってしまいました。

 

そして、ドレスに関しては、腰から上が編み上げタイプだったので、

ゆるめにしてもらうことができたのと、

(と言っても、肩ひもがないビスチェタイプだったので、

 下がらないようにそれなりに締め付けられましたが・・・・)

インナーも、ウエストより下はホックをしないでつけたので、

そこまで辛くはなかったです。

 

そして、お酌されても断れるように、

式の中で妊娠していることをカミングアウトしたので、

お酒も飲むことなく、過ごすことができました。

(安定期前に発表することは賛否両論ありますが、

 私の場合、心拍が確認されていたこと、

 もし残念なことになっても、その心配は生まれるまで続くわけで、

 だったらこのタイミングがベストだろうと、夫と話し合って決めました。)

 

結婚式にあまり憧れがなかった私。

でも、結果は、やって良かったと思っています。

もう1回やるかと聞かれたら、笑顔でお断りしますけどね(笑)

でも、私の場合は、もう式をすることが決まってて、準備も始まってて、

やむを得ずのマタニティウェディングでしたが、

初めから妊娠していることが分かった上での結婚式だったら、

ちょっと考えちゃいますね〜。

何より、準備がほんとに大変にも関わらず、私は無理ができなかったので、

夫が負担を強いられたということと、

やっぱり妊娠中は何が起こるか分かりません。

今回式をするにあたって、お医者さんに相談してOKをもらいましたが、

同じ姿勢をずっと続けるのが妊婦さんにとって一番負担になるから、

なるべく動いたり移動したりこまめに休憩したりするようにと言われました。

でも、実際式の間は、そんな動けないし、お色直しでもない限り、

控え室にもなかなか行けないですよね。

そう言う意味で、絶対大丈夫とは言えないので、

もしするなら、周りの協力は絶対です。

夫の協力はもちろん、式次第も、妊婦さんの負担にならないような流れにするとか

注意に注意を重ねた方がいいし、

妊娠期間中にするとしたら、やっぱり安定期に入ってからの方が良いと思います。

私はただ単にラッキーだっただけなんじゃないかなぁ。

 

そういうことで、参考になるようでならない体験記になってしまいましたが、

こういう例もあるよということで、ふ〜んと思っていただければ幸いです(笑)