アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

久しぶりにパソコンの前にかじりつく

突然ですが、私の夫は会社経営者です。

結婚してから、経理を任されることになったのですが、

とても責任が重いです。(当たり前ですね。)

 

今、給与体系を見直そうという話が出ており、

毎週のように社労士さんに来ていただいて、あーだこーだと話し合っています。

 

初めて経営者側の立場に立って、実感したことは、

どっちの気持ちも分かるから辛い

 

給料をもらう側であるスタッフのことはもちろん考えますが、

家計管理を任されている一人の妻としても、

子どもも生まれるし、夫の給料(正確には役員報酬)もうちょっと上がらないかなぁ、

なんて、思う訳ですよ!

でもでも、経理担当者側から見ると、

抑えるとこは抑えて、会社として成り立たせなければならない

という葛藤が生まれるわけです。

 

ほんとこればっかりは難しいですね。

でも、夫の会社の名誉のために一言言わせていただければ、

うちの会社は、かなりスタッフ寄りの考えをしていると思います。

私の夫は、自分が贅沢をするよりも会社の存続をという考えなので、

その辺りはとても尊敬します。

 

さて、そこでタイトルに戻るわけですが、

給与体系を見直すにあたって、

いかに会社にとっても打撃を受けず、且つ、

スタッフのモチベーションを維持できるようにするにはどうしたらいいのか、

また、勤怠管理を含め、様々な事務作業を簡単にするにはどうしたらいいのか、

エクセルを駆使し、シミュレーション。

そのために、今日は一日中パソコンにかじりついてました。

 

特に事務作業を簡単にするというのは、早急に取り組まなければいけません。

なぜなら、私10月から里帰りするんです〜!

世の中の経営者妻から非難殺到しそうですが、

1人目ということもあって、そこは甘えさせてもらいました。

 

里帰り中の仕事は、夫のお母さんに頼む予定ですが、

新しい給与体系になるので、新しいやり方をお義母さんに覚えてもらうのは、

厳しいだろうし、負担が大きくなるので、さすがに申し訳ない。

 

私の理想は、里帰り先でも、ある程度会社のお手伝いすることなので、

色々と今から体制を整えているところです。

 

しかし、パソコンを長時間使うとさすがに頭痛が・・・。

その間、お腹の赤ちゃんもボコボコ動きまくっていて、

もうちょっと待ってくれ〜なんて話しかけながら、カタカタやっておりました。

夢中になると休憩するのも忘れて熱中しちゃうのは私の悪いクセです。

 

今回の給与体系の見直しは、

ある意味うちの会社の変革期とも取れる思い切った決定なので、

吉と出るか凶と出るか、やってみないと分かりません。

でも、何とか成功させたいなぁ〜。

 

そう言えば、今回の変革に至った経緯の一つとして、

ゆくゆくは、子育てママにとっても働きやすい会社にしたい

という夫の願いもあるみたいです。

(やっぱり才能あるスタッフが出産を期に退くのは痛い。)

まずは、私が実験台となって、復帰後は子育てママとして

頑張ってやってみようと思います。