アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

年明け早々新幹線で大暴れされた話

あけましておめでとうございます。

今日から仕事が始まり、娘も保育園が始まりました。

 

12月31日~1月3日まで私の実家岐阜に帰省していたわけですが、

まぁ娘の生活リズムがこれでもか!と言うほど狂いまくり、

帰りの新幹線では乗った瞬間から号泣し、暴れ、

名古屋から品川までの1時間半のほとんどを連結部で立って抱っこ・・・

もちろん帰ってきてからもリズムは整うはずもなく、

毎晩23時近くまで元気いっぱい(パジャマ拒否寝室も拒否)

私の疲労はもう1年分溜まってしまいました。

 

とういうことで新年一発目は、今年一年の抱負を書きたいところですが、

抱負を抱える前に疲れ果ててしまったので、その話でも。

 

 

謎の新幹線拒否

前回までの帰省では新幹線を嫌がるなんてことは全くなかったのですが、

今回は行きも帰りも乗った瞬間大暴れ。

乗る前並んでいる時は平気なんですよね。

そして水戸ー品川の特急も平気なんですよ。

なんなんだろ・・・。

新幹線早すぎて怖いのかな。

音がうるさいとか??

それとも新幹線好きだから外から眺めてたいとか??

(それは絶対ないな。)

 

子連れなら通路側の席は何が何でも死守すべき!

いつもは2人席が取れるのですが、

今回光の速さで指定席が埋まってしまったせいか、

取れた席は、3人席の窓側と真ん中の席。

行きも帰りも。

 

これ、意味分かりますか??

1時間半の乗車時間の間、おとなしく車窓からの景色を眺めてくれているなら全然問題ないんですよ。

うん、少し前の娘なら、大丈夫だったかもしれない。

しかし、今回乗っているのは、びっちびち跳ねまくる活きのいいマグロ。

あれ、ここってマグロ漁船だったかな?

そんなマグロ娘を席に押さえつけるのは漁師でも無理。

通路側に座っていた方に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

 

通路側の席を確保すれば、じっとしていない娘をすぐに抱っこして(もしくは歩かせて)連結部分などに避難できます。

そして、また飽きたらすぐ席に戻れます。

 

これが、通路側の席に誰か座ってると、席から立ったり戻ったりする度に、頭下げてスペースを開けてもらわなければいけないし、子どもを抱っこしたままだと、最悪その人に立ってもらわないと通ることができません。

 

行きの新幹線はね、まだ良かったんですよ。

通路側に座っていた方がとても優しそうな年配の女性で、

お願いして、窓側の席と交換してもらいました。

 

問題は帰りの席。

新幹線に乗った瞬間暴れたため、夫に先に席についてもらい、私は娘をドア付近でしばらくあやしていました。

すこし落ち着いたので、席に戻ると、通路側には若いお兄ちゃん。

イヤホンで音楽を聴いているのかな。

うっ、頼みづらい。

 

も、もしかしたら、娘も大人しく座ってくれるかもとかすかな希望を胸に抱き、

お兄さんに合図して、スペースを開けてもらい、真ん中の席に座りました。

と、その瞬間、眠れる獅子が目を覚ました!(いや、最初から起きてたけどね。)

いきなり暴れだす娘。

2歳ともなると、力がすごいんですよ。

もう制御不可能。

両手両足をばたつかせて、必死の抵抗。

すぐ抱っこして通路に逃げたかったけど、隣にはお兄ちゃん。

声をかけて、通させてもらおうと思った瞬間、

なんと、娘の足がお兄ちゃんの股間にクリーンヒット!!

 

お兄ちゃん、『ボフッ』と声にならない声を出し、一瞬背中を丸めてしまいました。

 

もう、私は平謝り。

お兄ちゃんは、平静を装って『いいですよ。』なんて言ってくれたけど、

絶対あれは痛かったはず。

本当にごめんなさい!!!

 

その後、ドア付近でひたすら抱っこしていたら眠ってしまったので、

もう一度席に戻りました。

30分ぐらいしたら、目を覚まし、また暴れ始めたので、

今度はお兄ちゃんに足が飛んでいかないようにしっかりおさえ、

すぐお兄ちゃんに頼んでスペースを開けてもらい、ドア付近に避難。

もうその頃には品川まだ後数分というところだったので、そのまま着くまで抱っこで待ちました。

私の肩と腰は死んだよね。

12kg超えを1時間以上抱っこですよ。

 

新幹線降りたら、突然機嫌は直り、品川駅で買ったアンパンマンのお弁当でさらに上機嫌。

なんだったんだろ、あの悪夢の時間は。

 

これでまたまた子育て家庭に対するマイナスの印象を与えちゃったかも

あのお兄ちゃんは、きっとまだ結婚もしてないし子どももいなさそうだったので、

これで、また子育てって大変だなと結婚や子どもを持つことに対して

否定的になっちゃったら申し訳ないです。

そして、さらに言うと、

子育て中の人のマナーが悪いとかそんな印象を持たれてしまったら、

お兄ちゃんだけでなく、全国の子育てパパママに申し訳ないです。

 

子連れ専用車両作ってくれたらマジでお金出す!

絶対無理だとは思うけど、座席なくて、1車両全てが畳か絨毯になってて、

自由に歩き回れる子連れ専用車両があったら、

例え2倍の運賃だったとしても、使う!

 

ファミリー車両というプランが東海道新幹線で出されてるみたいで、興味はあったのですが、

いかんせん、適用される便が少なすぎるし、時間も使えない時間帯のものばかり。

東海道新幹線ファミリー車両で行こう!|新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

 

まぁ比較的閑散とする時間帯じゃないと、そんなプランは使えないというJR側の思惑もあるだろうけど、

子連れだからこそ、夜遅くに到着とか避けたいのよ。

 

あぁ、こっちにもアンパンマン電車とか走ってたら最高なのに。

アンパンマン列車

↑座席にもアンパンマンがいたり、プレイルームがあったりと、とにかく最高。

これに乗せてあげたいがために四国行きたい!

 

JR東海さーん、なんとかしてー!!!

 

 

というわけで、新年早々お見苦しい記事で申し訳ありませんが、

本年もよろしくお願いいたします。