アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

二人目妊婦健診34w6d

先日、妊婦健診に行ってきました。

 

 

やっぱり気になるのは、SA・KA・GO!!

 

結論から言うと、なんと、治ってました~~~~~~~。

 

 

予定帝王切開のメリットに気づいてから、帝王切開いいじゃん、やろう!やろう!

と、俄然乗り気になっていたので、

正直、戻ってますね~と言われた時、えっ、まじで?ってなりました。

 

いや、もちろん、頭が下というのが、正常の位置らしいので、

その位置に戻ったというのは喜ばしいことなのかもしれないけれど、

 

これで、いつ、産まれるのか皆目見当がつけられなくなったということ・・・・。

 

 

予定日というのはあるけれど、それはあくまでも、最終月経日から計算されたもの(+胎児の大きさから医者が推測)なので、決してその日に産まれるわけではなく、

医学的には37週入れば、いつ産まれてもいいよという正産期に入ります。

 

 

すっごい個人的な事情なんだけど、

上の子の保育園の発表会がもうすぐありまして、

その日、私は37週と6日。

 

ばっちり正産期入ってます。

 

どうかどうか、発表会までは産まれないで!!と願掛け。

 

そして、後は仕事の調整をどうするかなというところですね。

 

私は会社役員なので、雇用保険に入っておらず、いわゆる産休・育休を取ったとしても、育休手当はもらえません。

 

そして、役員といえど、夫の会社で、自営業に近い形なので、自分が働かなきゃ誰がやる!?という感じで、

悠長に産休に入りまーす!とは言えない環境。

 

つまりは、いつ産まれるんだろう・・・・と気をもみながら、仕事をギリギリまでこなすことになるんですよね。

そして、産後も、自宅でできる仕事はやろうかと。

 

会社内外の人に迷惑をかけないようにとは思っていますが、

うーーん、どうなることやら。

 

きっと夫には公私ともにたくさん迷惑をかける、というか、負担が大きくなることは間違いなし。

 

こういうとき夫婦で同じ職場だと、メリットデメリット出てきますねー。

 

家にいる妻としての私は、夫よ、早く帰って来いよ!!

これに尽きるのですが、

私の仕事を夫に大なり小なり振り分けることになるので、

気軽に(何も考えずに)早く帰って来いよとは言いにくくなるわけです。

 

幸い、仕事柄、夫もPCさえあれば家でできる作業が主だったりするので、

産後しばらくは、家で仕事をしてもらいながら、育児も一緒にやっていく形になるのかなー。

 

1人目は里帰りだったので(今回は里帰りなし)、この辺りのシミュレーションが全くできません。

 

とりあえず、全く手つかずの出産準備をそろそろ本腰入れてやらないと・・・。

(まだやってなかったんかい!!とつっこんで~!!!)

 

 

~おまけのつぶやき~

10か月を目前にして、体重が+12キロ到達!

1人目を産んだ時がトータル12キロ増だったので、もう既に1人目より増えることは確実。2人目は果たして何キロまで行くのか乞うご期待!!

 

た〇ごクラブをちらっと読んだけれど、どいつもこいつも、+3キロとか5キロとかで、ふざけんなよ!と心が荒ぶってしまいました(てへぺろ)