アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

妊娠36w2d~健診に行ってきました~

前回の健診から2週間、いよいよ臨月に突入し、お腹も苦しいほど大きくなり、もしかしたら早く生まれるかも?なんて言われたらいいなぁ~と淡い期待を持ちつつ、健診に行ってきました。

 

今回も36週2日時点での、頭の大きさ(BPD)、お腹周り(AC)、太ももの長さ(FL)の数値を載せたので、参考にしてみてください。

 

それから、出産まで残り1ヶ月を切った今、出産までにしておいた方がいいこととか、もろもろ気になってることを質問してきたので、世の悩める妊婦さんに届け~!!

 

 

自分の体重測定、血圧測定、採尿です。 昨日食欲が止まらないと書きましたが、ほんとに欲求のままに食べていたので(アイスは食べてません!←何の自慢にもならない)、心配していた自分自身の体重もわずか100g増。血圧も尿タンパクも問題なし。ここでひとまず安心。

 

そして、いよいよエコー。

今日のお医者さんは前回の人とは違って、とーーーっても優しいのんびりした女性だけど、少し声が小さくて聞き取りづらい。でも、保育士さんにもなれそうなぐらいニコニコ優しくて安心しました。赤ちゃんのサイズを測っているときに、私から先に「前回大きめと言われたんですけど・・・・」と恐る恐る聞いてみると、頭を一度測ってから「あっ、うん、ちょっと大きめかな、ちょっと待ってね。」と、何と2度測りなおし。そんなに信じられない大きさだったのかしら・・・。

 

2回測っても、数値はもちろん変わらず、胴体、大腿骨に比べてやっぱり頭でっかちちゃんらしいです。思わず「異常ではないんですよね??」と聞くと、「うん、正常範囲内だから大丈夫。脳みそがいっぱい詰まった子なんだね~。」とニコニコ応えてくれた女医さん。もう天使に思えました。そうか、この子はきっと頭がよくなるんだな。

 

ちなみに、これが今回の数値です。

せっかくなので、前回(2週間前34週2日)と比べてみましょう~。

f:id:acomitolife:20141023225138p:plain

色々突っ込みたいところはあるのですが、まず一番に突っ込みたいところ。頭囲(BPD)だけ週数も予定日も載っていない!これってもはや頭が大きすぎて私がビビるといけないから内緒にしとこうっていう女医さんならではの配慮??でも、前回の8.91cmだけで37週だったから今回の9.5cmなんて間違いなく38週か下手したら39週ぐらいいっちゃってる可能性大ですよね!?いやいや、この子は脳みそがいっぱい詰まってるだけなんだから気にしちゃダメだ。(と言い聞かせる。)

 

頭だけでなく全体的に大きくなっているんですけど、大腿骨(FL)なんてけっこう急激に伸びてるような。前回の数値から判断した予定日が11月12日に対して、今回は11月5日。着々と早まってますね~。まぁ、もちろんこれはあくまでもエコーで測定した数値から割り出したものなので参考値程度のものだというのは理解していますが、できれば予定日より早く生まれて欲しい私(赤ちゃんに早く会いたいからとかではなく、もう妊婦生活が苦しくて・・・笑)としては少し期待しちゃいます。

 

ところが、この後助産師外来があり、初めてここの産院の助産師さんと話す機会があったので、聞いてみました。「赤ちゃんが大きいと早く生まれるということはありますか?」

助産師さん、真顔で間髪おかず、「いいえ、関係ないです。あまりにも大きくなると産むの大変になるので、これから食べ過ぎないように気をつけてくださいね~。」

あっ、関係ないんだ。

そして、やっぱり食べすぎちゃダメなんだ。

色々とショックでした。でも、私の背が低め(154cm)なので、やっぱり大きい赤ちゃんを産むのは大変そう。最悪帝王切開も覚悟しとかないとなと思っているところなので、できるだけ大きくならないように(そんなことできるのかな)、そして、運動を頑張って、赤ちゃんに早く降りてきてもらえるようにしたいと思います。

 

その他に、質問したことを防備録としてここにまとめておきます。

Q1:運動は一日どれぐらいしたら良い?

A1:一日1時間散歩していれば十分。ただお腹が張ったら休みつつでも、少し早歩きが良い。

 

Q2:破水が怖いので遠出はあまりしない方が良いと思うけれど、どれぐらいなら遠出OK?

A2:1時間で病院に来られるぐらいの距離までなら大丈夫。できれば車にバスタオルとパッドと入院グッズは常に置いておくと良い。

 

Q3:前駆陣痛って何?本陣痛との違いって分かる?

A3:お腹の張りに加えて痛みが伴ったら陣痛だけど、前駆陣痛は間隔もまばらで徐々に強くなることもない。そのうち消える。本陣痛は、徐々に間隔が狭まって、強くなってくるから、定期的に痛みが来るなと思ったら、間隔を計ってみて。

 

Q4:陣痛の間隔て具体的にいつからいつまで?

A4:前回の陣痛が始まってから次の陣痛が来るまで。初産の場合10分間隔になったら病院に来てもらうけど、10分のうち実際痛いのは30秒ぐらいで、後の9分半は普通に歩けるから大丈夫。

 

と、色々聞きたかったことが聞けたので、スッキリしました!

水戸での産院では健診の度に助産師さんと話す機会があったのですが、こちらの産院は中期に1回、後期に1回という感じらしいので、助産師さんと話すのは今回が最初で最後。もちろん今後質問があったら助産師外来を予約しても良いらしいので、その辺りは安心ですね。

 

あっ、後それから、今回助産師さんに、おっぱいの状態を診てもらいました。水戸ではマッサージの仕方は教えてもらいましたが(しかも産院ではなく市の母親学級で)、実際診てもらうことはなく、そのことを伝えたら、「それは大変!今すぐ診させていただきます!」と、助産師さんの前でベロンと両乳をさらけ出す私。別に恥ずかしくも何ともないから不思議(笑)そして、色々マッサージの仕方を教えてもらいました。

 

乳頭マッサージもしてくれたのですが、「あぁ、もう初乳が出てるじゃない。これなら大丈夫。」と嬉しいコメントをいただきました。プラス「たくさん母乳が出そうなおっぱい。」とも(笑)ただ、乳首がまだまだ硬いらしく、このままだと赤ちゃんが飲みにくいのでこれから毎日必ずマッサージはすること、そして、今はお腹が張ったら休み休みでいいけど、37週を超したら張ってようがなんだろうが続けること、と指示を受けました。母乳を貯める袋というのが乳輪の後ろ側にあるらしく、乳首だけをマッサージしてもその袋は刺激されないので、乳輪の外側からつまむようにマッサージするのがコツらしいです。

母乳で育てたいからお母さん頑張るよ!

 

次回からは1週間おきの健診になります。37週に入ったらいよいよ正産期(それまでは早産扱い)。我が子よ、もういつでも待ってるから早く生まれておいで~。