アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

なつかしき岐阜のモーニング

昨日まではとても良いお天気だったのに、今日は朝からけっこうな雨が続いています。この週末は夫が来ていて、夫がいる間はずっと晴れていたので色々お出かけできて良かったです。

 夫が私と一緒に岐阜に来たのは2回目。(私と付き合う前にサッカーの試合を見に一度来たみたいですが金華山登って試合観戦して帰っただけらしい。)1回目は結婚が決まったので、私の親戚に挨拶がてらお正月に会いに来ました。でも、日帰りという超弾丸旅行だったので、なーんにも観光ができず。

今回は2日間は丸々いられたので、夫が行きたいところに行こう!と決めていました。

 

明日から臨月に入る私ですが、さすがに臨月入ったら、いつ何が起きるか分からない。(もちろん臨月前だって何が起きるか分からないけれど・・・。)何か起きたときにすぐ病院に駆けつけられるようにそんな遠出はできないなと思ったので、今回が最後のチャンス!(最後のチャンスがやたら出てくる気がしないでもない。)岐阜&愛知を堪能しました。

 

まずは、やっぱり岐阜と言ったらモーニングでしょ~。モーニングは名古屋のイメージが強いかもしれませんが、数年前までは喫茶店の数や喫茶店での消費額が日本一だったと言われるぐらい岐阜でもモーニング文化は根付いております。コメダのモーニングしか知らないかわいそう(?)な夫に、本物のモーニングとやらを教えるべく、いざ喫茶店へ。(夫以上に私がモーニングに行きたかったという理由もなきにしもあらず。)コメダ好きだけどモーニングはショボイんですよね~。←あくまでも私の感想。

 

初日は岐阜駅近くのホテルに泊まったので、その辺りの喫茶店ということで、私が10代のころ母と共に愛用していた喫茶店に行こうと思っていたのですが、残念ながらなくなっていました。(ほんとに残念!)でも、同じ場所に別の喫茶店ができていたので、入ろうと試みたところ、「満席でーす。」と店員さんの冷たい一言をいただき、断念。まっ、喫茶店なんて歩いていればすぐ見つかるから~と散歩がてらうろうろ。

 

今まで喫茶店に注目して歩いたことなかったけれど、ほんとに喫茶店だらけ(笑)数分歩いて、雰囲気とメニューを見て飛び込みで入ったのが、こちら。


ベリーファーム - 名鉄岐阜/喫茶店 [食べログ]

金公園横の文化センター内1階に入っている喫茶店です。

 

私はドリンク代のみでついてくる通常のモーニング。夫はもう少しお高い豪華バージョン!(ハムチーズサンドだったかな?曖昧・・・)

 

あっ、ちなみに写真はありません(笑)夫は、カメラ好きということもあって、写真をバシバシ撮っていて、夫のブログも基本写真がいっぱい。私も写真を撮るのは好きなんですけど、夫の撮る写真を見ると、そのクオリティの違いに愕然としてしまう&写真を加工してブログに載せるという行為にものすごく手間取ってしまうため、なるべくなら載せない方向でブログも書いちゃいます。

 

私が頼んだ通常モーニングにはバタートーストの他にサラダ、スパゲッティ、フルーツポンチ!私としてはトーストは小倉トーストが良かったんですけどね~。追加料金でトッピングとかもできなさそう(単体メニューとしては存在していました。)だったので、そこが残念でしたが、飛び込みで入ったわりには、味も量も良かったです。夫も、この内容にはびっくりしてました。

 

茨城に引っ越してくるまでは、岐阜以外にアメリカ、沖縄、川崎とけっこう色々なところを転々としてきた私ですが、やっぱり一番恋しかったのがこのモーニング。この辺り以外でもモーニングサービスをやっているところはあるけれど、ドリンク代のみで朝食がついてくるお店は見たことがありません。大抵+300円で~とかなんですよね。そんな追加料金払うなんて邪道邪道~。ついでに言うと、モーニングの内容がトーストだけとかも邪道ですよ。トーストの他に何がどれだけ付くか、そこが大事なわけです。

 

それに最近はスタバとかオシャレカフェが多いけれど、やっぱりソファでゆっくり雑誌(たいていレジ横に陳列されている)を読みながら、タオルおしぼりで顔を拭く(これは男性だけか)。これができてこそ真の喫茶店だと思います。

 

とまぁ、喫茶店について熱く語ってしまいましたが、私自身岐阜を長く離れていたこともあって、お気に入りの喫茶店を見つけられていない状態。出産までの約1ヶ月間で、ご近所の喫茶店巡りをして、お気に入りを見つけたいなぁと思っています。