アコミトライフ〜ぐうたら子育てライフを満喫中〜

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

鉄剤の飲み方(吐き気を少しでも少なくしたい)

昨晩は鉄剤の副作用で明け方まで寝られず、もう本当にのどに手を突っ込んで吐いてしまおうかと思うぐらい辛かったので、鉄剤の吐き気対策についてずっと調べていました。

 

私が処方された鉄剤は朝と夜の食後に服用するものなのですが、夜の方が吐き気がひどく、明け方副作用がおさまるころようやく熟睡できるという感じなので、起きるのはいつもお昼ごろになってしまいます。母には何故か怠けてると思われていたので、このことを説明すると、「それどうしても飲まなきゃいけないの??」と。(薬嫌いな母。)

私も自分1人の身体だったらもしかしたら飲むのを止めてたかもしれませんが、子どもに影響があったり出産時に大変な思いをするなら飲んだ方が良いでしょうと思って我慢して飲んでいたんですけど、貧血が実際どういう影響を及ぼすのか知らなかったので調べてみました。

 

貧血になるとおなかの赤ちゃんへの影響と出産時の出血が心配。おなかの赤ちゃんは胎盤を通しておかあさんの血液から酸素や栄養を受け取って育ちます。ですから妊娠中のおかあさんが貧血だと、おなかの赤ちゃんも貧血になったり体の発育が悪くなることがあるのです。またお産に出血はつきものですがおかあさんが貧血だと少量の出血でも血圧が下がりやすく出血量も増えてしまいがち。出産のときに多量に出血すると輸血も必要になりますし、産後の回復が遅れたり、母乳の出が悪くなることもあります。

たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します - gooベビー

 

 これを読む限り、母体にも胎児にも影響ありそうですね。よくよく考えれば、ヘモグロビンが酸素を運んでいるので、そのヘモグロビンの量が少なければ赤ちゃんに送る酸素量も減ってしまう危険性があるというのも納得。たぶん栄養もそうだと思うけれど,、酸素もお母さんより赤ちゃんに優先的に送られているはずなので、その分お母さんは余計に貧血になるのかもしれません。

 

しかも、ここには書いていないけれど、貧血状態で出産すると、出産時の出血量が増えるとか!出産時の出血量が増えたら余計に貧血になって、出産後も鉄剤を飲まなければいけない・・・なんてことになったら、想像しただけでぐったりしてしまいます。

 

やっぱり貧血は出産までに改善しておきたいところです。ということは、鉄剤は飲まなければいけないってことですよね。

 

鉄剤は最悪食事中でもOKっぽい!

鉄剤の副作用について調べてみたら、やっぱりけっこうな妊婦さんが悩んでいたみたいです。そもそも妊娠中は血液量が増えるため、血液の成分は薄くなって、貧血になりやすいんですよね。それで、解決方法で割と多かったのが、お医者さんに言って薬ではなく注射にしてもらうというもの。注射だと気持ち悪くなりにくいみたいです。でも、これは頻繁に注射を打ってもらいに通わないといけないし、もうもらってしまった薬があるからそれを無駄にするのはもったいない(ケチ)。後は、薬を寝る寸前に飲んで、気持ち悪くなる前に寝るという荒業。でも、これは私にはたぶん向いてないだろうなと思いました。まず、食事から時間を空けて飲むと気持ち悪さが増長される(昨日のスシローの時がそうでした)。それから寝てても寝返り打つ度に目が覚めるので、夜中目が覚めた時に気持ち悪かったらたぶんそこから寝られなくなりそう。ということで、この案も却下。

 

さらに調べてみると、こういう意見がありました。「気持ち悪いからって薬の服用を止めてしまうよりは、食事中に服用するほうがまし!」

鉄分の吸収を妨げるもの(緑茶など)と一緒に摂取するのは良くないとされていますが、全く飲まないより多少妨げられても飲んだ方が良いという意見ですね。(あまり大きな声では言えない方法かもしれませんけど。)

これなら私もできそう!(正直薬の服用やめちゃおうかなと悪魔の囁きが幾度となくあったのです。)

早速、今日のお昼(ほんとは朝食後だけどお昼に起きたので)夜と、食事の途中で飲んでみました。そしたら、確かにそこまで気持ち悪くない!もちろん全くというわけではないけれど、ウッてもどるような吐き気は今のところ起きていません。これは効果が期待できそうです。これで今夜は寝られるかな。

 

と言っても、貧血が解決されるほど鉄分が吸収されているかは謎なので、次回の健診時にきちんと相談したいと思います。

 

 

ローラ 鉄+葉酸 150粒

ローラ 鉄+葉酸 150粒