アコミトライフ

岐阜から水戸に嫁いで数ヶ月で妊娠。14年生まれの娘と18年生まれの息子と共に水戸ライフを満喫している主婦のブログ。

 

ただの主婦がスマホを使った動画編集にはまった話【アッコの30秒紹介動画集】

 f:id:acomitolife:20181129030854j:image

 

YouTubeやTik Tokなど、一般の人でも、気軽に動画を編集し投稿できる時代になりました。

 

と言っても、私が動画の投稿なんて無理!無理!無理!

そう思っていませんか??

 

私も、ちょっと前までそう思っていました。

 

スマホに入っている動画は、子どもの動画オンリー。

 

YouTubeは見る専門だし、

撮った動画を編集して投稿するなんて考えてもみませんでした。

 

ですが、11月初めに、衝撃の事実を知るのです。

 

スマホだけで動画が作れるだと!?

 

 それを教えてくれたのは id:mykotoba さんのこちらの記事。

【2018年】一番安いルンバはどれ?ルンバ641が最安だよ!更に安く買う方法は? - むきだしのことば。

 

 記事内に埋め込まれている動画が、スマホで編集した動画らしい。

 

ほえぇー

 

こんなに作りこまれてる動画がスマホだけでできるとかすごいな!

 

なぜか、スマホだけで作れるというところに惹かれ燃える私。

 

11月の1ヶ月だけで6個も作っちゃいました。

 

ここでは、先月まで動画は見る専門だったただの主婦がどのようにして動画作りにはまったのか、また、私が作った動画もまとめて載せるので、ちょこっとでも動画作りに興味があったら、見てみてくださいね!

 

 

 動画編集は正真正銘スマホだけで作れるので子育て中のママには最適

私がこうして日々(でもないけど)更新しているブログ。

これも、スマホで書こうと思ったら書けます。

 

でも、はてなブログに限った話かもしれませんが、タグ打ちができないので、

こんな吹き出し

や、こうやってマーカーをひく

ことができないんですよね、スマホだと。

 

だから、結局最終的にはPCを開かなくてはいけなくて、

そうなると、子どもが寝た後に、温かい布団から抜け出してリビングまで来なきゃいけないんですよー。

 

それはめんどい。というか無理!!

 

ところがどっこい

 

動画編集だと、100%スマホだけで完結するんですよね。

 

これにはびっくり!

 

夜子どもを寝かしつけた後、布団の中で作れる。

 

夜中、0歳児の授乳対応した後にも作れる。

 

何ならトイレの中でだって作れてしまう!!(いや、それはやめとこ)

 

 このいつでもどこでも動画編集できる手軽さには感動すら覚えました。

 

動画の元になる写真や動画だって、今はみんなスマホで撮りますよね?

ということは、スマホに保存されてますよね?

 

そのスマホに保存された素材を使って、スマホのアプリで編集し、

それをスマホからツイッターやらLINEやらで共有する。

 

ほら、始めから終わりまでスマホでできるでしょ??

 

これなら、忙しくてPCになかなか向かえないお父さんお母さんでも、

誰でも作れるんです。

すごいよ、スマホ!

 

動画編集アプリはKineMasterが使いやすいよ

はじめ、教えてもらったアプリはVimoというアプリだったので、それを使って作り始めました。

でも、相性が悪かったのか、最後の書き出し(っていうの??)保存?している途中で落ちる!

何回やっても落ちる!!

 

心が何回も折れかけたけど、ここで止めるわけにはいかないんだぜ、

と、なぜか私の動画への思いは消えず、

やっとの思いで保存したら、

その動画は、見るに耐えないほどの低解像度。

 

これは人に見せられる代物ではない・・・

 

先ほどの id:mykotoba さんに泣きつくと、

課金したと。

 

やっぱりか!

無料で動画なんて作れないのか!!

 

(注:これはあくまでも私の使ってみた結果であって、お使いのスマホによってはVimoでも落ちないし、課金しなくてもきれいな動画作れると思います。)

 

でも、私はあきらめなかった!!

 

そこで行き着いたのが、『KineMaster』

 

使ってみたところ

 

  • 落ちない(最低ラインクリア)
  • 操作性△(Vimoの方が直感的に操作できて使いやすかった)
  • スタンプなどのエフェクト〇(Vimoの方がかわいいスタンプが多かったけど、KineMasterもまぁまぁイケる)
  • 無料でもそれなりの解像度

 

 操作性がちょっとイマイチで、最初はえっ?何をどうやればいいの??と戸惑う事が多々ありましたが、触っているうちに覚えて、慣れちゃいました。

 

課金すれば、使えるエフェクトが増えるのですが、今のところ、私は課金しなくても、十分満足のいく動画が作れています。

 

 無料のアプリなのでとりあえず入れてみて、色々いじってみると面白さに気づくかも??

iPhoneでもAndroidでも使えます。

 

キネマスター(KineMaster) - ビデオ エディター

キネマスター(KineMaster) - ビデオ エディター

posted withアプリーチ

 
↑なんでGooglePlayの方だけこんなやたら大きくなってるんでしょ・・・。
私のがAndoroidだからかな(んなわけない)
 

私の作った動画まとめ

私は基本Twitterに作った動画をあげています。

とある動画編集のプロが、Twitterに動画をあげるなら30秒以内が原則!とありがたいアドバイスをくれたので、それを忠実に守って、全て30秒以内に収めてあります。

 

 ここのブログで動画を紹介するにあたって、YouTubeにアップして、それを埋め込もうかなと思ったのですが、YouTubeへのアップが思いのほか手こずって、ポッキリ心が折れてしまいました。

(まぁそれぐらい動画に関してはド素人ということです)

なので、Twitterを埋め込むことにしますw

 

わざわざ、Twitterに飛ばないと動画見られないのかな?

ほんとごめんなさい。

YouTubeにアップできた暁には、即!こちらでも、YouTubeバージョンに貼り換えますね!

 

 

 

 あれ?リプで続いてる動画を張り付けると、上の元ツイートも一緒に貼られるのかな?

なんか、よく分かってなくてほんとすいません・・・

 

この2つが記念すべき初動画です。

 

この動画への反響が思ったほど良くて、完全に木のてっぺんまで登ったブタですよ。

 

続いて、紹介してもらったみかんがもう美味しすぎて、この美味しさをみんなにも伝えたくて作った動画です。

 

 

美味しさを伝えたいという割にはそんなに伝えられてない気もしますが、

私の熱意だけは伝わったかと思います(笑)

 

あっ、このみかん、私だけじゃなくて、私の家族全員が(実家にも送った)太鼓判を押したので、本気の本気でおススメです。

room.rakuten.co.jp

 

このみかん動画よく見てもらえると(よく見なくても)気になってくるアレ。

みかんの皮をむいているシーンの右側に映っている白い物体何か分かりますか?

 

これ、卓上ゴミ箱なんですけど、

何で、こんなのが映ってるかと言うと、

この卓上ゴミ箱の上にスマホを置いて、肘で固定しながら両手でみかんの皮をむいているからなんですよー!!

めっちゃ古典的なやり方!!

 

その撮影風景を見ていた夫が、あまりにもかわいそうに思ったのか、

スマホスタンドを買ってくれました。

へへ。ありがと。

 

 ↑買ってもらったものとは違うけど、これいいな!ほしい・・・

 

そして、図に乗った私はついにTwitterでこんな企画をしてしまいました。

 

応募してくれた人の紹介動画を作るよ!という趣旨のもので、私が動画初心者にも関わらず、多くの方から応募をいただきました。

 

今のところ2名の方の動画を作ったのでご紹介しますね!

 

記念すべき1人目はさきち@鳥取ヨメちゃんブロガー (@aoopena)さん

 

東京から島根、そして鳥取へ移住したということで、飛行機に乗せて日本地図の上を移動させてみました。

 

ビジュアルで内容を伝えられるのが動画の良さなので、それをなるべく生かしたいなと思って作っています。

 

 

そして2人目は、あめの@年子育児格闘 (@happinissta)さん

 

 

 今回はちょっとテキスト多めになってしまったのが反省点ではありますね。

でも、彼女のバカヤバイ行動力は印象に残せたのではないでしょうか。

 

アッコが作る動画のコンセプトはちょっとププッと笑えること

私は、動画の腕で言ったら、まだまだ卵から産まれたばかりのひよこ。

(いや、ひよこですらないかもしれない。)

 

だから、普通だと他のあまたある動画に埋もれてしまいます。

 

どうしたら見てもらえるかな??

と考えた時に、考え着いた先は、笑いのエッセンスを加えることでした。

 

 動画を見てくれた人が、少しでもププッと笑ってくれたり、ニヤッと口元が緩んでくれたら嬉しい。

 

そう思いながら作っています。

 

動画を作って褒められることで自己承認欲求が満たされるようになった

私は、今まで、これと言って特技もなく、何か新しいことを始めても、すぐ飽きてしまうので、極められたものもなく、

あまり褒められることがなく育ってきました。

 

だから、自分でも自分のことがあまり好きじゃなかったんですよね。

 

子どもを産んだら余計に、人から褒められる機会なんてなくなるしね・・・。

(おむつを替えるのが早くなったって、離乳食をこぼさず食べさせられるようになったって、誰も褒めてくれないし。)

 

ところが、動画を作り始めて、たくさんの人に『すごい!!』と褒められて、

だいぶ私の中の自己承認欲求が満たされました。

 

褒められるってこんなに嬉しいんだ~

 

今まで、色々なところで、

誰にでも、他の誰にも負けない!と言える長所があるはずだよ。まだ見つけられてないだけだよ。

と聞いてきました。

 

そして、その度に、クソクラエと思ってきました。

 

でも、誰にも負けない!とはとてもじゃないけど言えない。でも、私はもしかしたら向いているのかもしれない!と思えるものに出会えたことに感謝してるし、びっくりしています。

 

それって、結局、チャレンジしたからこそ分かったことなんですよね。

 

私は、飽き性ですけど、好奇心だけは旺盛で、とりあえず何でもトライはしたがります。

 

だからこそ、動画作りの楽しさに目覚めることができました。

 

これからも、時間の許す限り、動画を作っていって、

自分なりのスタイルを確立できたらいいなぁ~とほんのりと思っています。

 

 

明石ガクトさんの『動画2.0』は読んで損はないよ!

最後に、動画に興味を持ち始めて買ったこちらの本の紹介をさせてください。

動画への熱い思いもさることながら、動画業界の未来性や、極めつけはどうやったら引き付けられる動画を作れるのか、そして動画を通してのマネタイズの方法まで網羅している、ボリューム満点の本でした。

 

動画を生業としている人はもちろん、私みたいに趣味になりつつあるレベルの人でも十分理解でき、読み応えのある内容でした。

 

 

koboで買ったんだけど、
ところどころプリントアウトして部屋に貼っておきたいって夫に言ったら、
紙の本を買ったら?とごくごくまっとうな意見をもらったので、
紙の本も買おうと思います。